ウクライナ,ヨーロッパ,リヴィウ,お酒 | 旅行ガイド<FLAAAT(フラット)>

  

超ロック!ウクライナのブリュワリー『プラブダ』のクラフトビール

記事作成日: 2017/04/26

      
  • icon_sns_line
  • icon_sns_twitter
  • icon_sns_facebook
  • icon_sns_b
  • icon_sns_googleplus
  • icon_sns_mail

ウクライナ西部の都市リヴィウは旧市街が世界遺産として登録されていることもあり、ウクライナの中でも人気の観光スポットです。

そんなリヴィウには、いつ行っても現地人でごった返しているマイクロブリュワリー(小規模醸造所)があります。

今回はそんなリヴィウで大人気のマイクロブリュワリー「プラブダ(Pravda / ПРАВДА)」を紹介します!

リヴィウ旧市街のど真ん中!観光ついでに気軽に寄れる好立地

プラブダはリヴィウの中心地、市庁舎を囲むリノック広場の西の角に面しています。20世紀に建てられた歴史的な建物を改修しており外観は広場と調和しています。

建物1階はビールやグッズを販売するコーナーと、バースペースになっています。そして2階、3階がレストランになっています。

プラブダ名物!最高にパンクなビールたち

プラブダのビールは地元ウクライナ産の原料を使うことにこだわっています。広大な国土を誇るウクライナは言わずと知れた農業国。そしてビール大国として知られるドイツやベルギー、チェコなどとほぼ同じ緯度にあることから実はビール原料の栽培に適した土地なのです。

そんなプラブダのビールの中でもひときわ目を引くのが、ウクライナ情勢をめぐる主要な3か国、ロシア、アメリカ、ドイツの首脳をラベルにあしらったビールです。

 

第44代アメリカ大統領バラク・オバマをあしらったスタウトスタイルのOBAMA HOPE 。ラベルには、世界最大の軍事力を誇るアメリカがウクライナに手を差し伸べてくれることへの期待が込められています。

 

お次はドイツ首相アンゲラ・メルケルをあしらった、ベルジャンホワイトスタイルのFRAU RIBBENTROP(フラウ・リッベントロップ)。この名称は「リッベントロップ婦人」という意味で、第二次世界大戦の時に独ソ不可侵条約を結んだヨアヒム・フォン・リッベントロップから来ています。

2014年から続くウクライナ東部紛争において、なかなか対露制裁に踏み込まないメルケル首相に対する皮肉だそうです。

 

各国首脳ビールで一番インパクトがあるのが、ロシア大統領ウラジーミル・プーチンをラベルにあしらったゴールデンエールスタイルのPUTIN HUILO(プーチン・フイロ)。2014年にクリミア半島とウクライナ東部ドネツク地方を併合したプーチン大統領に対する痛烈な批判が込められたビールです。

 

これらのビールだけを見ると奇をてらった見掛け倒しのビールに思えるかもしれません。しかし、ビールのクオリティも高い所がプラブダの売り。

先ほど紹介したOBAMA HOPE はWORLD BEER IDOL 2017銅賞受賞ビール。この他にもWORLD BEER IDOL 2017ではСИЛА(シーラ)が金賞、Lobsterが銀賞。Brussels Beer Challenge 2016においてЧЕРВОНІ ОЧІ(Red Eye)がアメリカンレッドエール部門金賞受賞など、プラブダは国際的なビアコンペでも数々の賞を受賞している実力派ブリュワリーなのです。

バーでサクッと飲む?それともレストランでがっつり飲む?

プラブダは1階が気軽に飲めるバースペース、2階、3階がビールと共に食事もじっくり楽しめるレストランスペースになっています。

1階のバースペースは販売スペースのすぐ隣にあります。バースペースの奥には醸造設備が見えるようになっているのも面白いところですね。

 

ビールはキャッシュオン方式で、バーカウンターで飲みたいビールを注文し、ビールと引き換えに料金を支払います。簡単なつまみも注文することができます。

 

ビールサーバーから注がれるタップビールは常時4種類用意されており、銘柄は日替わり。アルコール度数も明記してくれているのがありがたいところですね。

 

ビールは300mlで20~24フリブニャ(約80~100円)とクラフトビールにしては良心的な価格設定となっています。

 

日替わりのタップビールだけでなく、瓶ビールも多数用意されていますので店頭で気になったビールがあれば購入前にここで試してみることもできます。

 

こちらはWORLD BEER IDOL 2017で金賞を受賞したСИЛА(シーラ)。ドネツク空港の航空管制塔を中指に見立てたラベルがこれまたロックです。

 

2階と3階はレストランになっています。赤い照明でこちらもパンクな雰囲気。

 

レストランの奥の方は少し落ち着いた照明になっています。美味しいビールを飲みながらゆっくり会話を楽しむのにはこちらのほうがいいでしょう。

 

夜には毎日のように音楽のライブが行われます。プラブダ・オーケストラという専属オーケストラがサックスやトランペットを使ったノリのいい音楽をガンガン演奏してくれます。

曲目は、AC/DC、メタリカのようなロックやヘヴィメタル、フランク・シナトラのようなジャズ、有名な映画のBGMやウクライナの曲まで多岐に渡ります。盛り上がってくるとオーケストラと観客が一体となって非常に良い空間が出来上がっていきます。

 

ウクライナを旅行するならぜひとも訪れたい、美しい町並みが残る街リヴィウ。リヴィウに行った際はぜひ足を運んでみてください。ウクライナにこんなに美味しいビールがあるのか!ときっと驚かれることと思います。

■ТЕАТР ПИВА «ПРАВДА»(プラブダ・ビア・シアター)
https://www.pravda.beer/en/
◆住所:М. ЛЬВІВ, ПЛ. РИНОК, 32(LVIV, 32 RYNOK SQUARE)
◆営業時間:10:00~2:00
◆予算目安:UAH20~300(約80~1,250円)
◆所要時間:20分~2時間
◆おすすめの時期:年中いつでも
この記事を書いたライター
© 2016 EPARK LifeStyle, Inc.

[REV0005771]